尾崎弘之ホームページANNEX   Field of View

Category “出世力・対話編”



最近の出世力・対話編


6章のまとめ そして 最終回 No.49

水曜日, 8 6月, 2011

ここ数回は、出世の為の構成項目の最後。「誤解と錯覚によって、自分の行動を制約しない」と言うテーマで話をしてきた。 はい。その過程で陥りやすい「思考のクセ」に関して話していただきました。それでは、この章のまとめを、お願いし [...]

問題はミスを繰り返すことだ。No.48

水曜日, 1 6月, 2011

ここまで、誤解と錯覚による「思考のクセ」によって、必要な行動が妨げられることを話していただきました。問題なのは、自分自身が悪い「思考のクセ」に陥ったり、恐怖に縛られている事に気づいても、プライドや感情的なわだかまりが邪魔 [...]

不必要な恐怖に囚われるな No.47

水曜日, 25 5月, 2011

出世に必要な行動を妨げる思考のクセの最後は「必要な恐怖に関する誤解」ですね。 人が感じる恐怖は、「必要な恐怖」と「不必要な恐怖」に分けることが出来る。 今回はオカルトですか? いや、そういうことではない。生命体にとって最 [...]

ジャッジメントですの!「判断能力」に関する誤解 No.46

水曜日, 18 5月, 2011

先週、予告した通りに、これから魚偏の漢字の読み方テストを行う。   え~っつ! 学生のみんなは成績の総合評価に組み込まれるから手を抜かないように。それでは始め。   テスト問題:鯛、鮎、鯨、鮑、鮃、鰈、鯏、鰯、鰻、鮭、鱗 [...]

「対価意識」に関する誤解 No.45

水曜日, 11 5月, 2011

先生こんにちは!みんなで来ちゃいました! GWに同期の皆で集まったら、ゼミに顔を出したくなっちゃって。 じゃ、ディスカッションに加わってもらおうかな。 先週まで出世を妨げる「思考のクセ」として“苦手意識”を取り上げてもら [...]

視点変更技術の高い人。。。 No.44

水曜日, 4 5月, 2011

苦手意識の克服ってどうしたら良いのでしょうか? 苦手意識克服には「根性」「気合」等と精神論を説く人もいるけど、苦手意識は精神的な物が原因だから精神論では何の解決策にもならない。むやみに頑張っても解決できるとは限らない。 [...]

出世を妨げる思考のクセ No.43

水曜日, 27 4月, 2011

先週言っていた思考のクセにはどんなものがあげられますか? 出世に必要な行動を妨げる思考のクセは ①「苦手意識に関する誤解」 ②「対価意識に関する誤解」 ③「判断能力に関する誤解」 ④「必要な恐怖に関する誤解」 の4つを挙 [...]

第6章 誤解と錯覚を避けるには No.42

水曜日, 20 4月, 2011

前章までに、出世を現実のものとするには何をしなければいけないのか? そのポイントは ①組織における自分の位置を正確に測定する ②結果と成果とを適切に区別する ③変化と成長を意識する ④仕事の目標 人生の目標をリンクさせる [...]

出世力・対話編第5章のまとめ No.41

水曜日, 13 4月, 2011

先生、第5章「目的と目標をリンクさせる」も終わりましたね。 そうだね。それではいつもの通り、まとめてみようか。 はい!第五章 目的と目標をリンクさせる。 一つ目は「偉くなりたい」「稼ぎたい」という動機だけでは出世できない [...]

上司への愚痴ばかりでは。。。。No.40

水曜日, 6 4月, 2011

先週のお話しで、若手の頃は実務経験のある上司に目標をまかせて 「基礎=他意設定」を積み重ねてこそ、独自の「自意設定」が備わってくるもの。 というのは、理解できたのですが。。。。 その上司がダメダメな奴だったらどうするんで [...]

自意設定と他意設定 No.39

水曜日, 30 3月, 2011

先生。 目的とリンクした目標をたて実行していくこと。出世主義だけでは出世できないこと。目的に対してビジョンを持つこと。というのはわかりました。 そこで実際、私たち就活生としては、就職し新入社員になった時にどのように目的・ [...]

ビジョンを持ち続けること No.38

水曜日, 23 3月, 2011

学祭で計画しているシンポジウムの件ですけど、先生が言われた通りに「何が目的となり、何を積み重ねる目標に設定するか」を皆で話し合うことになりました。むやみに走っても本末転倒になりますからね。 そうか、それはよかった。 それ [...]

今週の出世力・対話編はお休みします。

水曜日, 16 3月, 2011

今週の出世力・対話編はお休みいたします。

「出世の為の5カ条」の4番目「目的と目標の関係」No.37

水曜日, 9 3月, 2011

目的と目標のずれから口論になっていたA君とBさん。尾崎先生は目的と目標の関係説くことで2人の関係修復をはかっているのにゃ。 。。。。。 。。。。 目的と目標の関係に関して、私なりにまとめると。 「目的は、積み重ねた目標の [...]

第5章 目的と目標の関係をリンクさせる No.36

水曜日, 2 3月, 2011

だから~取り敢えずやってみようよ! でも、目的や理念があいまいなままでは、みんな動けないよ。 おいおい、どうしたんだ?いつも仲良いのに。 あっ先生、学祭で計画しているシンポジウムの件で、皆動いてくれないんです。 ああ。企 [...]

出世力対話編 第4章のまとめ No.35

水曜日, 23 2月, 2011

「4章 変化と成長を意識せよ。」は少し短めだったね。 Bさんいつものようにまとめを手伝って。 はい。1つ目。ルーティンワークを堅実におこなえるようになることは「成長」ではない。 人間はルーティン(定型的なジョブ)を、そつ [...]

「オンリーワン」に気を付けて欲しい No.34

水曜日, 16 2月, 2011

SMAPの「世界に一つだけの花」を知っている? 「ナンバーワンにならなくてもいい。もともと特別なオンリーワン」ってやつですよね。 そう、そのフレーズ。学校教育等で、絶えずナンバーワンを目指す事を強いられてきた者たちにとっ [...]

ヨコの移動とタテの移動 No.33

水曜日, 9 2月, 2011

前回、「成長と変化を意識」して欲しいと言ったわけだけど、平たく言えば、常に前向きにチャレンジ精神を維持し続けることが大切だということだ。 はい。 でも、実はこの「成長と変化を意識」を間違った方向へのチャレンジに求めてしま [...]

変化と成長を意識せよ。No.32

水曜日, 2 2月, 2011

今週はこんなケースに関して、君たちの考え方を聞きたいと思う。自動車会社に勤めるF君と広告代理店に勤めるM君。共に29歳。 現場の中堅ポジションとなっている。イメージいいですね。F君はアメリカ勤務がこの春決まった。そして、 [...]

出世力対話編 第3章のまとめ No.31

水曜日, 26 1月, 2011

連載も30回を超えて「出世力」第3章「結果と成果の違いとは」が終わったわけだ。 それではBさん第3章のまとめを手伝って下さい。 はい!1つ目は・ 「結果」は他者からの評価によって「成果」になる。 与えられた「期限」内に仕 [...]

アンチ成果主義では何も解決しない。 No.30

火曜日, 18 1月, 2011

先週からの続きだけど…そもそも成果主義と年功序列主義を二元的に区別することは、実態に即してない。ほぼすべての組織が大なり小なり成果主義的な色彩を持っているんだ。とは言え日本的な年功序列と終身雇用は「家族主義経 [...]

年功序列主義に回帰する学生たち No.29

水曜日, 12 1月, 2011

前回までの復習だが、成果を得るためには先ず結果をどんどん出して行くこと。最初のうちは失敗するかもしれないが、そうした悪い結果も含めた「自分の経験」を重ねていくことが成果につながる。そして、その成果が評価されて初めて、組織 [...]

議論が先か?行動が先か?  No.28

水曜日, 22 12月, 2010

成果を出すことの必要性について話してきたが、成果を出す為には、何らかのアクションを取らなければならない。ここで人は、早く行動に移ろうとする「行動先行派」と行動の前に議論・思考を尊ぶ「議論重視派」に大別できるけれど、自分を [...]

学園祭でたこ焼き屋 No.27

水曜日, 15 12月, 2010

先週に続いて「結果と成果とは違う」と言うことを、もう一つの簡単なケースを使って掘り下げてみたいと思う。今回は君たちに身近なところで、お題目は「学園祭におけるたこ焼屋の出店」。学園祭ですか?身近ですね。タコ焼き屋ですか!そ [...]

「結果 = 成果」ではない  No.26

水曜日, 8 12月, 2010

先週、先生はケーススタディーを出したのにゃ。みんな考えてきたのかにゃ。さて、先週だしたケースの話だけれど、この場合、誰に一番責任があるのだと思うかな?やっぱり、一生懸命作った資料を、今までの事情も知らない他所から来た上司 [...]

結果と成果の違いとは No.25

水曜日, 1 12月, 2010

今回から第3章が始まるわけだ。おさらいだが、私が上げた「出世の為の五か条」。Bさんメモっているよね。 はい。でも、暗記しています。①組織における自分の位置を正確に測定する②結果と成果とを適切に区別する③変化と成長を意識す [...]

出世力対話編 第2章のまとめ No.24

水曜日, 24 11月, 2010

突然だが、出世力二章がわったので、ここでまとめておきたい。Bさん。本章もまとめを手伝ってもらえるかな?了解です!それでは、一つ目。「頑張れば、かならず成功する」は、ファンタジーでしかない。そうだね。本人がいかに努力しても [...]

“隣の芝生は青い”的な。。。転職・独立起業 No.23

水曜日, 17 11月, 2010

  尾崎先生に独立起業の後押しをしてもらおうと、研究室にやってきたC先輩。 先生の「独立はもう少し考えてから。。。」の発言に戸惑いを隠せないでいるにゃ。 蒸し返すようですが、先生はアントレプレナー(起業家)の大学院の専攻 [...]

C先輩登場! No.22

水曜日, 10 11月, 2010

研究室のドアがガチャッ!と開いて、中堅のソフト会社に就職したC君が、生き生きとして入ってきた。学生時代は内向的でオタクっぽかったけど。。。ずいぶん印象が違うにゃん。やあ、C君よく来てくれたね。先生、D君。お久しぶりです。 [...]

出世競争はマラソンなんだ! No.21

水曜日, 3 11月, 2010

「負け犬」さんが落ちた後の出世レースはどうなるんですか?「負け犬」が落ちた後、暫くは「一軍」「詐欺師」「二軍」の三グループが同じようなレベルで並走する。 20代の頃は誰もがモチベーションも高く実務能力を磨くからだ。 差が [...]

上司が重視するのは? No.20

水曜日, 27 10月, 2010

先生、社員に対して上司が評価の面で重視するのはどんな所なんでしょうか?上司、すなわち決定権者が重視する基準は2つ。一つは実務能力ですよね。あと一つは。。。 上司へのアピールなんじゃない?もう一つは「イメージ」だ。えっイメ [...]

360度評価は有効? No.19

水曜日, 20 10月, 2010

360度評価は上司による部下の評価だけでなく、部下による上司の評価。同僚同士の評価を併用する仕組みですよね。私が勤めていた投資銀行(ゴールドマン・サックス)で伝統的に用いられてきた評価法だね。縦(上司⇔部下)と横(同僚間 [...]

何の為の自己評価!? No.18

水曜日, 13 10月, 2010

決定権者である第三者の評価が出世につながるのであれば、色々な企業で取り入れられている「自己評価」という仕組みが、何故あるのでしょうか?と、言う質問だったね。確かに、“必ず”第3者が評価するのであれば「自己評価」は、いらな [...]

評価システム! No.17

水曜日, 6 10月, 2010

D君が言っていた飲み屋で上司がわかってくれない!と話していた先輩の話だけど、どうして上司にわかってもらえないのだろう?単に上司に嫌われているんだと思います。 先輩が言うには、ことごとく自分の提案や成果を否定される。上司と [...]

出世のメカニズムを分析する! No.16

金曜日, 1 10月, 2010

がむしゃらに頑張るだけでも、上司にゴマばかりすっていても、出世は無いと先生はおっしゃいますが実際はどのようにするべきなのでしょうか? 先ず、大事なのは出世のメカニズムを分析すること。出世のメカニズム!?出世のメカニズム! [...]

ゴマすりでは出世できないわけ No.15

水曜日, 22 9月, 2010

先生!「他人が評価して出世は成り立つ」ということから言えば“上司や評価者に気に入られるように努力するのが、一番早いのではないかと思うんですが。ゴマすりってやつだね。確かに本人は無能でも偉い人の引き立てで出世すると言うケー [...]

頑張れば、必ず成功するは、ファンタジーでしかない No.14

水曜日, 15 9月, 2010

ところで出世のノウハウについて書かれた本を読んだことがことがあるかな?「キャリアアップ」「自己啓発」などのタイトルを掲げたものも含めて。はい!私は就活の為になるべく読むようにしています。僕は説教くさいのが多いんで。。。い [...]

組織内の自分の位置を正確に測定する No.13

水曜日, 8 9月, 2010

 出世するには「他者からの評価」が必要であると言うことをここから話していこうと思う。「他者からの評価」が必要と先生はおっしゃいますが、要領よく仕事して上司の目にとまるようにして昇進する先輩がいるんです。それがどうも不条理 [...]

2章 評価なくして出世なし No.12

水曜日, 1 9月, 2010

  今回から第2章に入るけれどテーマは「評価なくして出世なし」。 この章では、出世を現実のものにするためには、評価されないといけないと言うことに焦点を当てていこうと言うことですね。 出世を現実にするために、組織の中で自由 [...]

出世力対話編 1章のまとめ No.11

火曜日, 31 8月, 2010

今回で11回目!座談会も一段落。 実は本編「出世力」の1章が終わったんだ。と言うことで、この辺で1章をまとめてみようと思うんだ。じゃあ、私のメモが役立ちますね。それじゃよろしく。出世とは組織内で自由を獲得する為の唯一の方 [...]

赤の女王の教え No.10

火曜日, 31 8月, 2010

「出世」の為に努力すると言うことは、何も企業内での昇進だけを意味していないんだ。普段から「出世の努力」をしていくことが重要になってくる。日々の行動や勉強、出会い。。。何でも吸収して、その経験を糧に、少しでも成長していこう [...]

「ガツガツせずに、適当に働く方が賢い?」 No.9

火曜日, 31 8月, 2010

前回、「出世=組織の中で自由を獲得する事」とする一方、「それは責任も増えて行くこと」であることを示した先生。なので「お金が稼ぎたいだけで出世を志すのは辞めておいた方がいいよ。」と言ったことに対してA君が。。。。。出世すれ [...]

出世するとは”自由度が増す”事 No.8

火曜日, 31 8月, 2010

前回、「組織の中でスキルをあげていきながら自分の夢を実現したり、あるいは充実した毎日を送りたいのであれば、“出世”を目指す必要があると思うんだ。」と切り出した先生。“出世”に関して話を大胆に切り出したのにゃ。 「出世なく [...]

組織の最下層で働くと言う事 No.7

火曜日, 31 8月, 2010

遅れて入ってきたA君が席に着いて、「仕事とは何か」、「組織の中で生きていくこと」の座談会の続きが始まった。仕事のやり方がつかめていないけれども日々の仕事は進み、そして主体に成れない自分がいる。特にD君は大学時代はTOPク [...]

組織の中で生きる No.6 

火曜日, 31 8月, 2010

前回までのあらすじ: 外資系金融に努めている卒業生D君は、先生と就職した会社の情勢に関して白熱した論議の結果、その場を逃げ出した。その日の午後反省したD君はメールで今週のミーティングを取り付けたのにゃ。 先生。先週はすみ [...]

まさかのリーマンショック3 No.5

月曜日, 30 8月, 2010

YOU’VE GOT MAIL! 先生っ D君からメールですよ! 尾崎先生 先ほどは折角お時間をいただきながら逃げるように帰ってしまい申し訳ありませんでした。 あの後、色々考えながら帰ったのですが、多分自分の [...]

まさかのリーマンショック2 No.4

月曜日, 30 8月, 2010

前回までのあらすじ: 外資系金融に努めている卒業生D君が研究室にあらわれ、リーマンショックのあおりで就職した会社が大変になっている事を尾崎先生に伝えたところ。。。 先生と白熱した展開に。 能力といったって、君はまだ入社し [...]

まさかのリーマンショック1 No.3

月曜日, 30 8月, 2010

「コン コン」 研究室の扉がノックされるてますよ。先生どうぞ。扉の向こうから現れたのは、先週ちょうど話をしていたD先輩だ。漫画のような展開である。 先生。ちょっとご相談したいことがありまして。。。僕出ましょうか?A君。い [...]

坂の上の雲 ~ 出世って何だろう。出世力・対話編 No.2

月曜日, 30 8月, 2010

A君はそろそろ就職活動を始めているころだと思けど、どんな職種を目指しているんだい? はい。3週間前から先輩訪問なんかをはじめました。僕はコンピュータサイエンス専攻なので、ITのシステム会社を狙っています。あとは、去年、外 [...]

坂の上の雲 ~ 出世って何だろう。出世力・対話編 No.1

日曜日, 29 8月, 2010

  司馬遼太郎氏の「坂の上の雲」をゼミ生に読んでみることを勧めて数日。 どうだい?面白かっただろ。 明治って けっこうかっこいい時代だったんですね! かっこいいか。。。(苦笑)で、明治の若者の生き方をどう思う? 出世すれ [...]